>

派手にしすぎないように注意

長文にならないように

商品やメニューの説明、さらに自分の経歴や会社の経営方針など、お客さんに向けてアピールしたいことはたくさんあることでしょう。
しかしウェブに記載する際は、文章はなるべく短くするように心がけてください。
お客さんがウェブを開いてくれても、文章が長いとそれだけで見たいと思わなくなってしまいます。
そしてすぐにウェブを閉じてしまうので、大事な情報がお客さんに届きません。
むしろ会社やお店に対して、悪い印象を抱かれる可能性があるので注意しましょう。
短い文章でも、内容を要約すれば意味がきちんと伝わります。
また足りない部分を、写真やイラストで補うのもオススメ。
さらに背景と文字が同じ色になってしまうと見えづらいので、色にもこだわりましょう。

写真やイラストを厳選しよう

ただ写真やイラストが多すぎると、どこを見れば良いのかわからなくなります。
ウェブがゴチャゴチャするので、本当に必要な写真やイラストを厳選しましょう。
写真やイラストはあればあるほど良いわけではありません。
画像が多いとウェブを開くまで時間が掛かってしまいます。
数秒でも待ち時間が発生すると、見ているお客さんがイライラするので気を付けてください。
またウェブは、パソコンでもスマートフォンでも見られるように制作することがポイント。
昔はパソコンでウェブを検索する人が多く見られましたが、今はスマートフォンが普及しており、そちらを使う人が増えています。
どちらでも綺麗なウェブを見られるようにすることで、順調に閲覧者を増やすことができることでしょう。


この記事をシェアする